左官と塗装はどう違う?それぞれの特徴とメリット

皆様、こんにちは。

大阪府堺市を拠点に、一般住宅からビル、店舗などの内装左官・外装左官を手掛ける株式会社城工業です。


壁を仕上げる方法には、「壁紙」「タイル張り」「板張り」など、いくつかの種類があります。その中でも、混同されがちなのが「左官」と「塗装」です。同じ「壁を塗る」というくくりではありますが、材料から道具、工法、技術、職人さんまでまったく異なります。今回は、左官と塗装の違いについて見ていきましょう。


■塗装工事とは?


塗装工事は、ペンキなどの塗料・塗材を塗ったり吹き付けたりする工事です。広い面積を短工期で仕上げることができるのがメリットで、壁の仕上げ作業ではよく用いられます。ただ色を付けているだけのように思われるかもしれませんが、紫外線や雨風、温度変化、サビなどから家を守る上でも重要です。


主な工法としては、ローラー工法と吹き付け工法の2種類があります。それぞれの特徴は以下の通りです。


・ローラー工法

ローラーを使って手塗り作業で塗る工法です。ウールローラーやマスチックローラー、スポンジローラーなどを使い分け、細かい部分は刷毛で塗ります。機械を使用しないため騒音が出にくく、塗料が飛散しにくいので無駄なく塗れるのがメリットです。塗膜に厚みが出るため、耐久性にも優れています。


デメリットは塗膜が厚くなる分、乾燥に時間がかかることです。また、吹き付け工法に比べると塗り方の自由度が低く、仕上がりの模様はそれほど豊富ではありません。しかし、塗料の飛散量を抑えられるメリットが大きく、近年ではローラー工法が主流になっています。


・吹き付け工法

スプレーガンによって塗料を吹き付ける工法です。広範囲を均一かつ一気に塗ることができ、しかも塗膜が薄く乾燥が早いので、ローラー工法よりも短期間で工事を終えることができます。仕上がりの模様も豊富で、デザインにこだわる方におすすめです。


一方、塗料が飛散しやすいので無駄が多く、養生も丁寧かつ広範囲に施さなければなりません。機械を使うために騒音が出ることや、塗膜が薄く耐久性に劣ることもデメリットです。こういった事情により、近年では採用される機会が減っていますが、状況を選べば十分活躍できます。



■左官工事とは?


左官工事は、土・モルタル・プラスタ―・漆喰といった壁材を、主にコテを使って塗っていく工事です。単純な作業に思えますが、実際には下地を塗って中塗りを重ねて乾燥。さらに上塗りによって壁表面を仕上げ、再び乾燥させてようやく完成するのです。美しく仕上げるには高い技術が要求され、左官として1人前になるには5年~7年ほどかかるとされています。


左官工事のメリットは、職人のコテの使い方次第で、さまざまなデザインを実現できる点です。フラットな壁はもちろん、波のような模様や櫛引仕上げ(ストライプ柄)も可能。質感のある表情豊かな壁を作れます。


また、左官工事に使われる壁材は、吸放湿性や消臭性を備えたものが多いこともメリットです。シックハウス症候群の原因であるホルムアルデヒドも含んでいないため、快適かつ安全な空間になります。湿気に悩まされている時や、シックハウス症候群の症状が出ている時には、左官工事を取り入れたリフォームを行うといいでしょう。


さらに、モルタルや漆喰を厚く塗り重ねれば、保温・断熱効果も期待できます。燃えにくい素材なので火災に強く、万が一燃えたとしても自然素材なので、有毒なガスを発生させません。大切な家族と財産を守りたい方には、左官工事による壁仕上げがおすすめです。


ただし、職人の腕前によって仕上がりに差が出やすい点には注意が必要です。左官工事を行うなら、経験豊富な職人が在籍する業者に依頼してください。



■まとめ


左官は日本の伝統的な工法で、優れた技術を持った職人も大勢います。時代を経るにしたがって需要は減少していましたが、数多くのメリットにより再び注目されており、希望する人も増加中です。和室のイメージが強いかもしれませんが、塗り方や壁材を選べば、洋間やオフィスにも取り入れることができます。興味のあるお客様は、お気軽に城工業までご連絡ください。